受付時間

もとみや接骨院

お問い合わせ

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 長年腰痛に悩まされている
  • 歩いていると足がしびれるが休めばまた歩くことができる
  • お尻から足にかけて痛みと痺れがある
  • 病院で脊柱管狭窄症と診断され手術をすすめられた
  • 前鏡の姿勢になると痺れがやわらぐ

脊柱管狭窄症はなぜ起こる?|本宮市のもとみや接骨院

脊柱管狭窄症の原因の多くは、神経の通り道である脊柱管というトンネルが狭くなってしまうことです。

その原因を作り出しているのは、仕事や普段の生活での腰への負担による背骨の変形や靭帯の肥厚、椎間板の膨張です。

脊柱管狭窄症の特徴は「間欠性跛行」という、歩くと足の痺れが強くなり、少し休むと楽になるもののまた歩くと症状がでるを繰り返すことです。

脊柱管狭窄症には2つのタイプがあります。

神経根型:背骨の神経根が圧迫されることで、痛みと痺れが起こります。
片足にしびれが起こることもあれば、両足に症状がでることもあり、前かがみになるとしびれが和らぎます。

馬尾型:馬尾神経が圧迫されることで、両足の痺れや感覚麻痺、排尿、排便障害などが起こります。重症化すると手術の対象となります。

脊柱管狭窄症が治らない・悪化する理由|本宮市のもとみや接骨院

脊柱管狭窄症が治らない原因の1つに、姿勢の乱れを放置しているということが挙げられます。

姿勢が崩れるということは、頭・背骨・骨盤の体重を均等に支えるための“絶妙なバランス(背骨のS字カーブ)”が崩れてしまうということです。

すると腰に負担がかかり続け、脊柱管がどんどん狭くなり、神経の圧迫は改善されません。

姿勢を改善することが大切です。

もとみや接骨院

もとみや接骨院

住所
〒969-1128 福島県本宮市本宮字舘町179-3
アクセス
本宮駅 徒歩12分
駐車場有

受付時間